シンガポール・チャンギ国際空港のアンバサダートランジットラウンジもとても便利です

下記記事のTMGに引き続き、チャンギ国際空港にあるラウンジのご紹介です。

こちらは、TMGと同じターミナル2にある、「アンバサダートランジットラウンジ」。

落ち着いた内装で、電源も使えますので、非常に便利に使えるラウンジです。

利用方法

 

まず一つ目の方法は、一般のホテル同様、エクスペディア等のホテル予約サイトで予約すること。

エクスペディアだと、「アンバサダー トランジット ラウンジ シンガポール T2」の名称で検索すると表示されます。

このホテルの「5hrs Lounge Use」というプランを予約するとラウンジが利用できます。
価格は5時間利用で、約4,000円のようです。

ちなみにその他のプランは、隣接するアンバサダートランジットホテルのプランなので、注意しましょう。

もう一つの利用方法は、TMGと同じくプライオリティ・パスを使用すること。

こちらを所持していれば、無料で使用できます。
※プライオリティ・パスってなに?という方は、私の個人ブログで解説記事を書いてますので、こちらを御覧下さい。

https://np-hide.com/priority-pass/

 

カウンターでプライオリティ・パスを提示すれば、予約無しでそのまま入室できますよ。

ラウンジへ入室する際は、このようなシールを渡され、服に貼れと言われます。
書いてある数字は、どうやら退出時間。
プライオリティ・パスでの入場は3時間制限なので注意して下さい。

また、ラウンジ内では無料Wi-Fiが使えます。
入室時にパスワードが書かれた紙を渡されますので、Wi-Fiを使用したい方は忘れずに貰っておくようにしましょう^^

食事やアルコールも付いてきます

ラウンジ内には自由に食べられる軽食が置いてあります。

シンガポールらしい、チキン料理などの温かいご当地メニューが楽しめます。

あと写真には撮り忘れましたが、意外とケーキなども充実してるので、女性の方にもおすすめですよ(*´∀`)

もちろんソフトドリンクも飲み放題です。

シャワーも付いています

何と食事だけでなく、シャワーも付いています。
ネカフェなどのように別途料金が取られるわけではないので、安心して使い倒しましょう(笑)

タオルも無料で使えますので、持っていく必要は無いですよ^^
荷物を置くスペースもありますので、着替えるのにも不便ではないかと。

食事も取れる上にシャワーもあるわけですから・・・
例えば深夜便で空港に到着したとしても、このラウンジへ行けば、朝まで過ごすことも可能ですね(笑)
※前述した通りこのラウンジは3時間制限ですが、チャンギ空港にはプライオリティ・パスで入れるラウンジが他にもあるので、ラウンジを廻っていけば本当にホテルは必要なくなります^^;

また帰りの便の前に立ち寄ることで、サッパリした状態で帰れるかもしれませんね。