paypayとLINEpayを上手に使ってオトクに生活をしよう

キャッシュレス社会という言葉、最近よく聞いたりしませんか?

意味を簡単に説明すると、「現金ではなく、クレジットカードや電子マネー等を主な決済方法として使用する社会」の事を指します。

海外と比べて日本ではまだまだこのような決済方法が普及していない、と言われますが、周りを見渡してみると実は既に様々な決済方法が登場しております。
※クレジットカードは言わずもがな、SuicaやPASMOなどの電子マネーもそうですね(*´∀`)

その中でも今、注目されているのがバーコード決済という方式。
これはスマホに表示させたバーコードをお店のレジで読み取り、決済に使うというものです。

消費者は、スマホさえ持っていればすぐに使えるようになるのがメリット。
お店側も、バーコード読み取り機さえあれば(レジには普通付いてますよねw)初期費用をほとんどかけずに導入出来るというのがメリットになります。
※ちなみにバーコード読み取り機を使わなくても、お店毎のQRコードをスマホへ読み込ませれば決済は可能です。

そんなバーコード決済で、注目度が高まっているのが「paypay」と「LINE Pay」
この2つ、上手く使えば非常にオトクに買物が出来るので、今回はその方法を解説します。

というわけで、この記事を見たアナタは、今すぐこの2つのアプリをスマホに導入しましょう(笑)

Paypayとは?

paypayとは、あのSoftBankが仕掛けている、バーコード決済。
ついこの間も、100億円還元キャンペーンが話題になりましたよね^^

※こちらのキャンペーンは既に終了しています。

paypayアプリをインストールすれば、すぐに使うことが出来ます。

ちなみに今なら登録するだけで、500円分のポイント付き。
ほぼノーリスクで500円貰えるので、使う予定がない人もとりあえず登録だけしちゃいましょう(笑)

加盟店

paypayが使える加盟店は非常に多いです。

ファミマやミニストップといったコンビニ。

サンドラッグなどのドラッグストア。

魚民や磯丸水産などの居酒屋でも。

その他にもビックカメラやZoffと言った有名店でも使えます。
詳しくはこちら(公式)をご覧下さい。

ちなみにpaypayは現状、店舗側が払う手数料が無料のため、細々と経営されてる小さなお店でも実は使える・・・なんて事があったりします。

こちらは我が家近くにある、個人経営の某ダイニングバーでの決済。

例えば女性とのデートなどでは一般的なチェーン店ではなく、知る人ぞ知る隠れ家バーに連れて行きたい!なんて思ったりしますよね^^

実はそういうお店でも、paypayが使えたりするかもしれません。
念の為、チェックしておきましょう。
※上記画像も、女性とのデートで行った際のものです。
還元受けてるとバレるとちょっと恥ずかしいので、コッソリ使いましょう(笑)

チャージ方法

paypayにチャージする方法は、以下の2つです。

・Yahoo!ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座
・本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みのYahoo! JAPANカード

小難しいですが、簡単に言うとヤフーに登録した銀行口座かYahoo! JAPANカードが必要になります。

クレジットカードでのチャージは、Yahoo! JAPANカードでしか出来ません。
持ってない方は、お使いの銀行口座をYahooに登録してチャージしましょう。

ただ、Yahoo! JAPANカードであればチャージの際、別途Tポイントが溜まりますので、出来ればこちらがオススメです。
paypayを日常的に使っていきたい!という方は、合わせてYahoo! JAPANカードを作っちゃいましょう(*´∀`)
年会費無料のカードなので、作成にリスクはほぼありませんし。

詳細はこちら。(公式へ飛びます)

キャンペーン

現在、paypayでは超絶オトクなキャンペーンが行われています。

それがこちら、100億円キャンペーンというもの。

決済額の20%が戻ってくる、つまり何もせずとも自動で2割引という、意味不明なくらいオトクなサービスです(笑)

ただ注意点は、20%が戻ってくるといっても、上限は1,000円です。
つまり、5,000円以上の決済ではどんなに高額な決済をしても1,000円しか戻ってこないので気をつけて下さい。

ちなみに第1段キャンペーンでは、この上限がありませんでした(笑)

私も、ビックカメラでゲームソフトを買って、これだけの還元を受けております(*´∀`)
あの頃は良かった・・・(笑)

そしてもう一つ。
やたら当たるくじ」というのも同時に開催されてまして、こちらは10回に1回、決済額に関わらず最大1,000円還元されるというくじ。

1,000円以下の決済なら、決済額が支払った分全額となります。

私も何度も当てました(笑)
これはメチャメチャでかいですよねー!

LINE Payとは?

LINE Payは皆さんもおそらく使っていると思われる、メッセンジャーアプリのLINEに備わっている機能の一つ。

LINEをインストールしている人なら、すぐに使うことが出来ますよ^^

加盟店

こちらはコンビニだとローソンやファミマ。
ビックカメラやコジマといった家電屋でも使えます。

チャージ方法

チャージ方法は以下の3つ。

・LINEに登録した銀行口座
・加盟店でLINE Payカードを使ってチャージ
・コンビニでLINE Pay口座にチャージ

便利なのは銀行口座ですね。
基本はこのチャージ方法になると思います。
ちなみに銀行口座の場合は、オートチャージも可です。

そしてpaypayと違って、クレカは使えません。
つまりチャージでのクレカポイントゲットは出来ないのが、少し残念です。

詳細はこちら。(公式へ飛びます)

キャンペーン

LINE Payはここのところ、月に1度(主に下旬)「Payトク」というキャンペーンを行っています。

これはLINE Payで支払った額の20%が還元されるというもの。
基本的にはPayPayと一緒ですね。

ただ「最大還元額は最大5,000円まで」という上限があります。
つまり、キャンペーン中に25,000円分の支払いをLINE Payで行った時点で打ち止めです。
注意しましょう。

ちなみに今月の15日から「春の超Payトク祭」と題したキャンペーンが行われています。
詳細は公式を見て欲しいのですが、抑えておくべきは以下のポイント。

・LINE PayカードやQUICPayでの支払いも還元対象となる。

これまでは基本、LINE Payアプリに対応した店舗での支払いがキャンペーン対象でしたが、この2つの支払い方法が加わったことで、完全にリミッターが外れました(笑)

「LINE Payカード」ってプリペイドカードなんですけど、実はJCBブランドなので、JCBのクレジットカードと同じ様に使えるんですよ。
つまり、JCB決済が出来るお店での支払いは全て還元対象となります。

QUICPayも同様です。
LINE Payが使えなくても、QUICPayが使えるお店なら還元対象です。

上記の2つの支払いが加わったことにより、還元対象のお店はほぼ無限となりました(笑)
ネット通販もOKなので、Amazonとかでも大丈夫です。

とりあえず、普段の生活において25,000円分決済が終わるまでは、ひたすらLINE Payを使いましょう。
それだけで、5,000円がタダ貰いです(*´∀`)

2つの上手な使い方

両決済方法とも、キャンペーンの時に使うのが王道です。

LINE Payは上述した通り、月の下旬になると20%還元キャンペーンを行うので、25,000円決済に達するまで(あるいはキャンペーンが終わるまで)使うのが吉です。

LINE Payのキャンペーンが行われていない時(あるいはLINE Payの還元上限に達したあと)は、paypayを使います。
ただ、paypayのキャンペーンはいつ終わるか分からないので、情報は逐一チェックしましょう。

どちらのキャンペーンも行われていない時は。。。お好みで(笑)

ちなみに私はクレカポイントはマイルにしたいので、普段の決済はマイルの貯まりやすいクレカを使うことが多いです(笑)